奈良教育大学国文学会

 

2003.06.29更新
 国文学会とは

 奈良教育大学国文学会は、1976年、「国語学・国文学・漢文学・国語科教育における研究と実践の進展を期し、会員相互の知識見解の交流の場とし、また、親睦を深めることを目的」(会則第二条)に、それ以前からあった奈良県国語教育研究会や国文会の伝統の上に立つものとして、当時の国語教育講座教官を中心に、国語講座卒業生に呼びかけて結成された団体です。
 2003年、会則改正や名簿の電算化を含む大幅な組織改革に着手しました。

 会則
奈良教育大学国文学会会則
第一条  本会は奈良教育大学国文学会と称する。
第二条  本会は国語学・国文学・漢文学・国語科教育における研究と実践の進展を期し、会員相互の知識見解の交流の場とし、また、親睦を深めることを目的とする。
第三条  本会は前条の目的に添って次の事業を行う。
1、年一回の総会の開催。
2、研究発表会・公開講演会の開催。
3、機関誌『奈良教育大学国文研究と教育』の発行。
4、その他、必要と認められる事業。
第四条  本会の会員は奈良教育大学(奈良師範学校・青年師範学校・奈良学芸大学)の卒業生・在学生・教員・元教員、及び本会の趣旨に賛同し役員会で承認されたものを以て構成する。
1、総会の決議を経て名誉会員をおくことができる。
第五条  本会の役員は次のように構成する。
1、代表 一名(委員に含む)
2、委員 大学・附属学校(幼稚園・小学校・中学校)・卒業生・在学生会員より若干名
第六条  役員の任期は一年とする。但し、再任を妨げない。
第七条  役員は学会の運営・機関誌の発行に当り、臨時に役員会を開くものとする。また、役員の一部をもって『国文』編集委員会を設けることができる。
第八条  本会の経費は会費および寄付をもってまかなう。
付則
1、本会則の変更は総会の決議による。
2、本会則は昭和五十二年八月二十六日より実施する。
3、本会則は平成十六年六月十九日、変更した。
 入会案内
 会則第四条により、本会の会員は奈良教育大学(奈良師範学校・青年師範学校・奈良学芸大学)の卒業生・在学生・教員・元教員、及び本会の趣旨に賛同し役員会で承認された方に入会資格があります。
 ただし、また、2003年度の組織改革の際に会員の再登録を行わなかった方、および、再登録を行っても年会費を3年間滞納した方は、会員資格を失効したものとして、機関誌の発送、研究発表大会の案内等を含む連絡をいっさい行いません。
 会員としての再登録をご希望の方は、2003年度以降の会費未納入分を含めた会費を納入していただくことになります。振込先等の通知ご希望の方は、こちらまでご連絡ください。